暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

暗号資産の基礎知識を含む記事

暗号資産には発行枚数の上限が設けられているものがあり、発行された枚数は価格の変動に影響をおよぼす要因になります。 この記事では、暗号資産に発行枚数上限が設けられている理由、上限に達したケースや、さらに発行枚数と価格との関係について解説します。 暗号

この記事は、皆さんに暗号資産投資をよりポジティブに捉えてもらいたい、という思いで書きました。一番伝えたいのは、暗号資産投資はどんどん「安全・安心」なものになっているということです。 そのような実感を持ってもらうために、「知っておくべき」かつ「あまり知られていない」ことをLINE BITMAXの中の人にヒアリングして、コンパクトにまとめました。

「ブロックチェーン」と聞くと、頭の中で「暗号資産」に結びつけて考える人が多いと思います。しかし暗号資産は、ブロックチェーンのひとつの応用事例に過ぎません。ブロックチェーンには、ほかにもさまざまな使い道があるのです。 今回もBITMAXの中の人にヒアリングしてきました。この記事を読めば、「暗号資産」と「ブロックチェーン」の違いを明らかにして、ブロックチェーンについて理解を深めることができるでしょう。

新しいことを学ぶときに、「基本」をきちんと押さえることは、とても大切です。基本を知らないと「応用」が効かないですよね。暗号資産(仮想通貨)を学ぶときも同じです。暗号資産の基本は一言で言うと、ビットコインの仕組みそのもの。この記事を読めば、ビットコインの「マイニング(採掘)」を学ぶことで、暗号資産の基本を押さえることができるはずです。

みなさんが日々の買い物に使っている「現金」は、手で触ったり、折ったりできますよね。これは、現金というお金が「物質的」であるからです。ほかの資産では、金(ゴールド)や銀(シルバー)、芸術品・骨董品などをイメージするとわかりやすいでしょう。 このような「

暗号資産の販売所サービスであるLINE BITMAXは、24時間365日取引ができます。 今回は、投資の時間帯について、かんたんに説明します。 投資するものによって取引時間が異なる 様々な金融商品がある中で、取引ができる時間はそれぞれ異なります。 代表的な株式(