暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

ビットコイン・アルトコインを含む記事

最終更新日 2021.10.19 世界には数千以上もの暗号資産(仮想通貨)があると言われており、暗号資産と一口に言っても、それぞれに特徴があり、作られた目的や設計思想も異なります。 暗号資産の領域では、難解な専門用語が出てくることも多く、とっつきにくい領域ではありますが、購入を検討する際には、最低限の知識は身に付けておきたいものです。 今回は、数ある暗号資産のなかでも、特に知名度や時価総額が高い「ビットコイン(BTC)」と「イーサリアム(ETH)」について、初心者にも分かりやすく解説します。

暗号資産の特徴を暗号資産に初めて触れる人にゼロベースで説明するのはなかなか難しい。じゃあ、擬人化してしまえばいいのでは?というのが今回の企画です。 各コインの特徴からイメージで性格を当てはめて、プロフィールを作り、イラストレーターやデザイナーの方にキャラのイラストを描いてもらう。そのイラストを見せれば「あーなるほど、こんな感じのコインね!」とわかってもらえるはず!というわけで、暗号資産を擬人化していきましょう!

こんにちは、暗号資産(仮想通貨)に関する寄稿をしている師田賢人と申します。仕事柄「暗号資産ってどういうもの?」と聞かれることも多く、Webや雑誌、Twitterなどを通じて、2017年より発信を続けてきました。そんな私が今回は、とっつきにくいイメージのある暗号資産を

いろいろあった2020年。 BITMAXにとっても盛り沢山な一年でした。この一年を振り返るうえで欠かせないのがLINKです。 そこで、BITMAXの事業部長米山さんとクリプトカレンシーアナリストの田中さんにLINKについてお話をきいてきました! ぜひご覧ください。

ビットコインキャッシュ(BCH)は毎年5月15日, 11月15日の年2回、ネットワークのアップグレードを目的としたハードフォークを実施しています。 今回2020年11月15日に予定されているハードフォークでは、ビットコインキャッシュのコミュニティにおいてCoinbaseルールを論点として大きな論争が起こっており、ハードフォークの際に2つのチェーンに分岐する可能性が高いと考えられています。

LINEはブロックチェーンを活用して「LINEトークンエコノミー」の実現を目指しています。 「トークンエコノミー」という言葉はあまり聞き慣れない言葉ですが、そもそも「トークンエコノミー」というのはどういう意味なのでしょうか?