暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

ビットコイン・アルトコインを含む記事

こんにちは、暗号資産(仮想通貨)に関する寄稿をしている師田賢人と申します。仕事柄「暗号資産ってどういうもの?」と聞かれることも多く、Webや雑誌、Twitterなどを通じて、2017年より発信を続けてきました。そんな私が今回は、とっつきにくいイメージのある暗号資産を

いろいろあった2020年。 BITMAXにとっても盛り沢山な一年でした。この一年を振り返るうえで欠かせないのがLINKです。 そこで、BITMAXの事業部長米山さんとクリプトカレンシーアナリストの田中さんにLINKについてお話をきいてきました! ぜひご覧ください。

ビットコインキャッシュ(BCH)は毎年5月15日, 11月15日の年2回、ネットワークのアップグレードを目的としたハードフォークを実施しています。 今回2020年11月15日に予定されているハードフォークでは、ビットコインキャッシュのコミュニティにおいてCoinbaseルールを論点として大きな論争が起こっており、ハードフォークの際に2つのチェーンに分岐する可能性が高いと考えられています。

LINEはブロックチェーンを活用して「LINEトークンエコノミー」の実現を目指しています。 「トークンエコノミー」という言葉はあまり聞き慣れない言葉ですが、そもそも「トークンエコノミー」というのはどういう意味なのでしょうか?

LINK(リンク)は、LINE Blockchainの基本となる暗号資産であり、サービス成長に貢献行為を行ったユーザーに還元する目的で誕生しました。 今後は、LINEを中心にさまざまなサービスで使用でき、広く普及することを目指しています。 取扱単位はLNになり、現在日本でLINKのお取引ができるのは、BITMAXのみになります。(※2020年8月現在)

ビットコインキャッシュは、2017年8月、ビットコインから分裂して誕生しました。(暗号資産の分裂については、「ハードフォークとは」をご覧ください。) ビットコインの処理速度を改善するにあたって、「ブロックの中の取引データを小さく圧縮すべき」という意見と、「ブ