暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

取扱暗号資産の紹介を含む記事

暗号資産の領域では、難解な専門用語が出てくることも多く、とっつきにくい領域ではありますが、購入を検討する際には、最低限の知識は身につけておきたいものです。今回は、数ある暗号資産の中でも、特に知名度や時価総額が高い「ビットコイン」と「イーサリアム」ついて、初心者の方にも分かりやすく解説します。

暗号資産の特徴を暗号資産に初めて触れる人にゼロベースで説明するのはなかなか難しい。じゃあ、擬人化してしまえばいいのでは?というのが今回の企画です。 各コインの特徴からイメージで性格を当てはめて、プロフィールを作り、イラストレーターやデザイナーの方にキャラのイラストを描いてもらう。そのイラストを見せれば「あーなるほど、こんな感じのコインね!」とわかってもらえるはず!というわけで、暗号資産を擬人化していきましょう!

LINK(リンク)は、LINE Blockchainの基本となる暗号資産であり、サービス成長に貢献行為を行ったユーザーに還元する目的で誕生しました。 今後は、LINEを中心にさまざまなサービスで使用でき、広く普及することを目指しています。 取扱単位はLNになり、現在日本でLINKのお取引ができるのは、BITMAXのみになります。(※2020年8月現在)

ビットコインキャッシュは、2017年8月、ビットコインから分裂して誕生しました。(暗号資産の分裂については、「ハードフォークとは」をご覧ください。) ビットコインの処理速度を改善するにあたって、「ブロックの中の取引データを小さく圧縮すべき」という意見と、「ブ

ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」とよく例えられることがあります。 ライトコインは、ビットコインの仕組みを基に、2011年10月、元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって考案されました。 ビットコインよりも実用性の高い暗号資産を目指しており、