gtax_main

※本記事は、全5回の連載記事「暗号資産の税金と確定申告」のうち、第4回目「暗号資産の損益計算が難しいと言われるのはなぜ?正しく計算を行う方法を紹介」です。

「暗号資産の税金と確定申告」全5回
第1回:暗号資産にかかる税金の基本
第2回:暗号資産の確定申告の流れ
第3回:暗号資産の損益計算~移動平均法・総平均法とは~
第4回:暗号資産の損益計算が難しいと言われるのはなぜ?正しく計算を行う方法を紹介
第5回:いくらから申告が必要?暗号資産の税金に関するよくある質問

全5回にわたって、暗号資産取引にかかる税金と確定申告の方法をご紹介します。記事は、暗号資産の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partnersの藤村大生様にご寄稿いただきました。記事を参考に、自分は確定申告をする必要があるのか、どのように申告すれば良いか、学びましょう。

TOPICS
1) はじめに
2) 暗号資産の損益計算が難しいと言われる理由
3) エクセルなどを使って自己流で計算を行うリスクについて
 - ①損益額を正確に計算することが難しい
 - ②間違えると翌年以降の計算に影響がでる
 - ③移動平均法・総平均法の2つの計算方法がある
4) 暗号資産の税金計算(利益計算)を正しく行うには?
 -  国税庁の計算書を利用する(0円)
 -  損益計算ツールを利用する(0円~数万円)
 -  税理士に依頼する(10万円~)
5) まとめ

はじめに

一般的に暗号資産の確定申告は煩雑と言われており、その一番の要因は損益計算の難しさにあります。

この記事では、暗号資産の損益計算が難しい理由と、正しく計算を行う方法について説明していきます。

暗号資産の損益計算が難しいと言われる理由

株式投資や外貨FXでは、利用している証券会社・FX事業者が自動的に利益額(または損失額)を算出し、年間取引報告書等に記載されている利益額を確定申告時に使用できるため、基本的には投資家自身が難しい計算を行うことはありません。
また、特定口座を利用している場合には確定申告手続き自体も不要です。

暗号資産投資においても取引所が発行する年間損益報告書等を損益計算に利用することはできますが、複数の取引所を利用している場合や移動平均法で計算を行う場合などは投資家自身で計算を実施する必要があります。
また、特定口座のような仕組みはないため、ご自身で確定申告を行うことになります。

自分で計算を行う場合は、利用しているすべての取引所の取引履歴を収集し、その履歴の内容をもとに利益額の計算を行う必要があります。
行った取引の内容や件数にもよりますが、この作業は税理士にとっても大変な作業であり、暗号資産投資家にとって悩みの種となっています。

エクセルなどを使って自己流で計算を行うリスクについて

エクセルなどの表計算ソフトを利用して自己流で損益計算を行う方も多く見受けられますが、正しい知識を持たないまま計算することはおすすめできません。

ここでは、エクセルなどを使って自己流で損益計算をすることをおすすめできない理由を3つ紹介します。

①損益額を正確に計算することが難しい

暗号資産の利益の計算は「口座に入金した金額と出金した金額の差額」といったような、単純なものではありません。

暗号資産取引では、日本円でビットコインを購入・売却するといったシンプルなものだけでなく、レバレッジ取引やマイニング、ステーキングなど様々な種類の取引があり、それぞれの取引で利益が発生するタイミングが異なります。
これらを理解した上で計算を行う必要があるため計算の難易度が高くなります。

また、複数の取引所やウォレットサービスを利用している場合、それぞれに取引履歴のフォーマットやタイムゾーンが異なるためデータ管理も煩雑になります。

仮に間違った計算方法で申告したあとに税務調査が入った場合、「納める税金が少ない」「申告漏れ」などが指摘され、加算税や延滞税などの罰則を受けるリスクがあることを覚えておきましょう。

②間違えると翌年以降の計算に影響がでる

暗号資産の損益計算では、年末時点に保有している暗号資産の平均単価(1枚あたりいくらで取得したかという情報)を翌年に引き継ぐため、例えば去年に購入した暗号資産の購入価格が今年の利益額に影響します。

つまり、どこかの年度で計算を間違えると、その年度以降は実際の損益額とは異なった計算結果になる可能性があるということです。

③移動平均法・総平均法の2つの計算方法がある

暗号資産の損益計算では移動平均法と総平均法の2種類の計算方法が認められています。2つの方法はどちらも暗号資産の単価の計算をする方法ですが、以下の違いがあります。

  • 移動平均法
    暗号資産の購入の都度、平均取得単価を計算する方法。体感に即した計算結果になりやすいが計算が複雑で難しい
  • 総平均法
    年度内のすべての購入を集計し、一度で平均取得単価を計算する方法。移動平均法と比べて計算は簡単だが、市場のトレンドによっては体感と大きく異なる計算結果になる場合がある

※平均取得単価:暗号資産1枚あたりいくらで取得したかという情報

確定申告を行う際は、上記のどちらかの計算方法を選択するのですが、エクセルで自己流で計算する際は、両方の計算方法を正しく理解した上で対応する必要があります。
大きな労力がかかるだけでなく、移動平均法については計算が複雑になりやすいため、計算ミスなどのリスクが伴います。

暗号資産の税金計算(利益計算)を正しく行うには?

ここまでエクセルで自己流で計算を行うことはおすすめできないと説明してきました。
ではどのように計算するのが良いでしょうか?ここからは多くの暗号資産投資家が行っている3つの損益計算方法について紹介します。

国税庁の計算書を利用する(0円)

国税庁から公表されているエクセルの計算書を利用すると無料で損益計算ができます。
しかし移動平均法、総平均法は別々に計算する必要がある点や、複数の取引所を利用している場合や複雑な取引を行っている方は、計算が難しくなる、または計算ができない場合があるので注意が必要です。

損益計算ツールを利用する(0円~数万円)

Gtaxのような損益計算ツールでは、取引所からダウンロードできる取引履歴をアップロードするだけで簡単に年間の利益額を計算できるため、多くの投資家が確定申告の際に利用しています。

移動平均法・総平均法の計算を自動で行うため、専門的な知識がなくても利用できることが大きなメリットです。

暗号資産の損益計算サービス「Gtax」の詳細はこちら

税理士に依頼する(10万円~)

暗号資産の取引が複雑で損益計算ツールの計算が難しい、お金をかけてでも手間を省きたい方は税理士に依頼する方法もあります。
税理士に依頼すると、損益計算だけでなく、確定申告書の作成・提出までおまかせできます。万が一税務調査が入った際も頼ることができるため安心です。

まとめ

暗号資産の損益計算は複雑になる場合も多いですが、今回説明した3つの方法を利用すれば比較的スムーズに行うことが可能です。
まずはかけられる時間や予算と相談しながら、どの方法で損益計算を行うか検討しましょう。

計算が面倒だからといって確定申告を怠ると加算税などの罰則が課せられる可能性がありますので損益計算・確定申告は期限内に適切に行いましょう。

【ご注意事項】
本記事は執筆者の見解です。本記事の内容に関するお問い合わせは、株式会社Aerial Partners(https://www.aerial-p.com/)までお願いいたします。

執筆者:藤村大生
株式会社Aerial Partners
ビジネス開発部長
税理士・公認会計士

株式会社Aerial Partnersにて暗号資産投資家の確定申告サポート、暗号資産事業者に対する経理支援を行っており、暗号資産会計・税務の知見が深い。監査法人出身でデューデリジェンス、原価計算導入コンサルなどの業務を中心に従事。また、証券会社の監査チームの主査として、分別管理に関する検証業務を牽引。


LINE BITMAXのLINE公式アカウント
友だち追加

ショートカット追加

ご注意事項
・このページはLINE Xenesis株式会社が運営する暗号資産販売所「LINE BITMAX」のWebサイトです。バナー広告等から訪問された場合、このページの前に閲覧していたWebサイトは、当社が作成したものではなく、掲載されている情報(感想・評価等を含む)は当社によって管理されていません。そのため、当該情報の内容は当社が保証するものではありません。
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、需給の変動などにより価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうことにより損失が生ずるおそれがあります。
・暗号資産は、移転記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・サイバー攻撃等により暗号資産が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・暗号資産は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われるリスクがあります。
・当社が倒産した場合には、預託された金銭および暗号資産をお客さまに返還することができなくなるリスクがあります。
・暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
・当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
・上記のリスクは、暗号資産のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で暗号資産に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書を十分にお読みください。

当社の情報
・会社名:LINE Xenesis株式会社
・住所:〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
・LINE Xenesis株式会社 暗号資産交換業者 関東財務局長第00017号
・所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
・お問い合わせ窓口はこちら