新ロゴアイキャッチ


DSC00014

はじめまして。ライターの観音クリエイションと申します。ビットコインの価格が上昇した波にうまく乗って、爆益を出したようなイキった表情をしていますがハッタリです。完全に乗り遅れました。半年前に余剰資金を全部つっ込んでおけば今ごろめっちゃ増えてたのに……。ちくしょう!

と、ウジウジしていたところに「LINE BITMAX」を使って記事を書くお仕事が舞い込んできました。LINE BITMAXというのはいつもスマホで使っているLINE上で、暗号資産(仮想通貨)の取引ができるサービス。OK、やりましょう。ここでやっておかなきゃ1年後とかに「あの時、あのサービスを体験しておけば……!」って絶対また後悔してしまいそう。やらない後悔よりやる後悔!

観音クリエイション
トラックメイカー。ライター。音楽を作ったりブログを書いたりして生活している。投資のことはあんまりよくわからないが、NISAで積み立てているお金が増えていく様子を眺めるのは好き。

そもそも暗号資産って?

サービス登録前に暗号資産についておさらい。LINE BITMAXの公式ブログやネットの情報をもとに暗号資産の特徴をざっくりまとめると以下の通り。

  • 国家が発行する「円」や「ドル」などの法定通貨とは異なり、特定の発行主体によって価値を保証されているものではない
  • 暗号化技術によって守られているデジタルデータとして存在する通貨
  • 海外への送金・決済が簡単かつ安価にできる
  • 世界中で2,500種類以上存在している
  • 取引量は年々増加傾向

ひとことで言うと、「自由で便利で将来性がある通貨」という感じがしました。

気になる暗号資産の懸念点は?

DSC00026

暗号資産には従来の法定通貨にはなかった多くのメリットがある一方で、懸念点もあります。僕が気になったのは以下の3点。

  • 価格の変動が大きいイメージがあるので値動きに一喜一憂してしまいそう
  • ハッキングによる盗難の可能性があって怖い
  • 登録や取引の操作が複雑でダルい

これらについてLINE BITMAXの暗号資産事業部の米山さんに「ぶっちゃけどうです?」と聞いたところ、

「価格の変動は確かにあります。緊張や不安を過度に感じるような取引は避けるべきだと思いますので、まずはストレスを感じない少額からスタートしていただくのがおすすめです」

「LINE BITMAXでは暗号資産の管理に用いるウォレットと、ウォレットを構成する秘密鍵の管理をセキュリティ上の重要管理項目として定めていて、秘密鍵の盗難や紛失に対応できるセキュリティシステムを導入しているのでご安心ください」

「『とにかく絶対迷わない』を信条に操作画面を設計しているので、暗号資産に初めて触れる方でも直感的に使っていただけます」

という心強い回答が得られました。

LINE BITMAXの大きな特徴の「暗号資産貸出サービス」

HP画像

LINE BITMAXには暗号資産の売買のサービスだけでなく、「暗号資産貸出サービス」があります。これは保有している暗号資産をLINE BITMAXに貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じた 「貸借料(たいしゃくりょう)」を受け取ることができるというもの。

通常、投資目的で暗号資産を購入する場合って

  1. 暗号資産を買って
  2. 値上がりを待って
  3. 利益が得られるところまで上がったら売る

というステップになります。ただ、このステップ2の値上がりを待つ期間って、ただ暗号資産を保有してほったらかしているだけの状態で、有効活用できていないんですよね。

それがこの期間にLINE BITMAXの暗号資産貸出サービスを使えば、日本円で考えるとお金を貸した時にもらえる「利息」のようなものがもらえるんです。なんと効率的な運用方法。

まずはお客さま情報の登録と本人確認から

DSC00029 2

いろいろと調べたところで一安心。まあ百聞は一見にしかずなので、自費で10万円をつっ込んで、売買と貸し出しを実際にやってみることにします。

●IMG_0350

まずはLINEを起動して、ウォレットタブでLINE BITMAXを選択。ユーザーごとにメニューの配置が違うので、表示されていない方は、「もっと見る」を押して表示してください。

LINEの設定をそのまま引き継いでくれるので、ログインIDやパスワードを設定しなくていいのは楽。新しくアプリをインストールする手間も必要ありません。しかも、ショートカットアイコンを作成しておけば、LINEを起動しなくてもLINE BITMAXにアクセスできます。

●IMG_0142

サービスページに飛んだら「上記に同意してLINE BITMAXをはじめる」をタップして

●IMG_0148

内容を読んで同意します。

●IMG_0149

すると登録が完了。簡単すぎて拍子抜けしました。

●IMG_0161

続いて口座開設。国籍や氏名、住所など、必要な情報を入力していきます。所要時間は1分ぐらい。

情報登録が完了したら、本人確認へと進みます。(LINE Payを使っていて、すでに本人確認済みの方はこの手続きは不要)

本人確認は免許証などの本人確認書類をスマホのカメラで撮影して送るだけなので、特に迷うことはないと思いますが、詳しい手順を知りたい方はLINE BITMAX公式ブログの「本人確認の手順について」という記事をご覧ください。

入金して10万円分の暗号資産を購入!

本人確認が完了したら、次は入金です。LINE BITMAXが対応している入金方法は以下の3種類。

  • LINE Payから入金
  • LINE Payと連携している銀行口座のデビット支払いによる入金
  • 銀行口座から振込入金(入金手数料が無料で入金限度額が無制限。ただし、各銀行所定の振込手数料は別途かかります)

今回はLINE Payから入金することにしました。小心者なので「10万円の入金手続きミスったらどうしよう」と心配になって、5万円ずつ2回に分けて入金。でも、今振り返るとどう操作してもミスることはないし、2回に分けることで110円の手数料が2回かかって普通に無駄だったので、皆様におかれましては取引したい金額を1回で入金していただければと思います。

●IMG_0165

●IMG_0166

DSC00040 2

無事に入金完了!

入金ができたら、いよいよ暗号資産の購入です。世の中には2,500種類以上の暗号資産がありますが、LINE BITMAXではその中から厳選して、以下の6種類に絞っているそう。

  • リンク
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

今回は6種類の中からビットコインとイーサリアム、リンクの3種類を購入することにしました。それぞれの特徴は以下の通り。

ビットコイン:サトシ・ナカモトが考案した暗号資産の草分け的存在で、発行上限は2100万枚。単位はBTC。

イーサリアム:2013年に当時19歳のヴィタリック・ブテリンが考案。取引の承認速度は「およそ15秒に1回」でスピーディー。単位はETH。

リンク:LINE独自のコインで、一般に広く普及することを目指して誕生。LINEが提供するサービスとの親和性や将来性が高い。LINEサービス内で貢献活動をすると、報酬として受け取ることもできる。単位はLN。

●IMG_0168

それでは購入してみましょう。チャートで現在価格を確認して、

●IMG_0169

購入したい金額を日本円で入力。

●IMG_0170

OKをタップすれば……

●IMG_0171

購入完了!コインの購入操作は本当に直感的。ポンポンポンとタップしていくだけで、晴れて暗号資産オーナーになることができました。

●IMG_0183

所有している資産はこんな感じで円グラフと一覧で表示されます。わかりやすい!

さっそく暗号資産の一部を貸し出し

続いて暗号資産貸出サービスを使ってみましょう。購入した暗号資産の値上がりを待つ間に、賢く運用して貸借料をゲットするのです。

暗号資産貸出サービスには、固定期間型と変動期間型の2種類があります。

  • 固定期間型:貸し出す数量に応じて、以下の固定の貸借料を受け取ることができる。「LINK」が対象。
    • 30日プラン:8%
    • 60日プラン:10%
    • 90日プラン:12%
    • ※2020/12/3時点での貸借料です。
  • 変動期間型:市場の動向に応じて受け取る貸借料が変わる。

僕が登録した時点では変動期間型が人気のあまり新規受付を停止していたので、今回は固定期間型で貸し出すことにします。
※現在変動期間型、固定期間型ともに新規受付を一時停止しています。

●IMG_662AFF3334E2-1

TOP画面から「貸出」をタップして、

●IMG_6F3C72C6119D-1

貸出画面の30・60・90日プランの中から選択し、「貸し出す」をタップ。

●IMG_FEAC6E0F615A-1

貸出条件を確認し、「貸し出す」をタップして、

●IMG_FEAC6E0F615A-2

暗号資産貸出サービス(固定期間型)利用特約の内容を確認し、「同意する」をタップして、

●IMG_0194

貸し出したい数量を入力して「申請」をタップ。

●IMG_0195

最後に確認画面が表示されるので「OK」をタップすれば、

●IMG_0196

無事に貸出申請完了!

●IMG_038FBFB573A2-1

翌日のお昼ごろに貸し出しが開始されました。開始されたタイミングでLINEのメッセージで通知してくれるのは便利。今までは取引所サイトにログインする必要があったんですが、そういう地味にめんどくさい手続きが一切ない。LINEの良さをうまいこと活用したサービスだなと思いました。

貸し出しから21日間経過。果たして結果は……!?

DSC00063

僕が申し込んだのは30日間と90日間のプランですが、今回の記事では途中経過の様子をお届けします。貸し出してから21日経過した時点での利益がこちら。

●IMG_0358

プラス417円!

DSC00073

普通預金に1,000万円を1年預けても100円の利息のこの時代に、約65,000円分のリンクを買って貸し出すだけで3週間で400円が入ってくるのは嬉しい。今後も長期で積み立てて運用して、貸借料で良いランチを食べようと思います。

っていうか、これってもし保有上限の約200万円分のリンクを買って貸出ししてれば約1万円の貸借料ってことですよね。年間10万円ぐらいか。普通にデカいな……!

●IMG_0357

ちなみに貸借料はこんな感じで毎週1回LINEで通知が届きます。貸し出してるだけでチャリンチャリンと資産が増えていくのは楽しい。

コインの一部を売却!

ついでに売却の方法も知っておきましょう。LINE BITMAXには価格通知機能というものがあり、自分が設定した価格情報をLINEで受け取ることができます。

●IMG_0362

まずはホーム画面から保有している暗号資産をタップして、

●IMG_0363

画面右上のベルマークをタップして、

●IMG_0360

指定の価格を入力、もしくは変動率を選択して設定完了。今回は「5,000円ぐらい利益が出たら嬉しいなー」と思ったので、そのぐらいの価格を入力しておきました。

●IMG_0361

設定した価格になるとLINEでこのような通知が届きます。よっしゃ売り時! 売り買いしたい時はメッセージ内の「取引する」をタップするとそのまま売買画面に飛びます。

19,540円で購入したビットコインが26,443円で売却できたので、5,123円の利益です。めでたい!

ちなみに売買時にチェックするチャートですが、LINE BITMAXの公式ブログにどうやって見ればいいか解説してくれている記事があったので、今回参考にしました。

LINE BITMAXのサービス体験のまとめ

今回のLINE BITMAX初体験。最後に運用成績をまとめておきます。今回の入金額は10万円で、購入した金額を改めてまとめると以下の通りです。

  • リンク    約65,000円
  • ビットコイン 約19,000円
  • イーサリアム 約15,000円
  • 合計     約99,000円

これが約1ヶ月後は以下の通りとなりました。

142400375_866548010846966_3646375638099244421_n

ビットコイン、イーサリアム、一部貸出から帰ってきたリンクを合計して54,167円。

142512011_512386946411318_2617840718260862862_n

そして、90日プランで引き続き貸出中のリンクが82,273円。

2021年1月26日時点では、トータルの評価額は136,440円となり、36,440円の利益となりました。やったね!

そしてやってみた感想をざっくりまとめると、

  • 登録から取引までLINE上で完結するのでめっちゃ楽
  • LINE Payと連携されているので入金が簡単で始めやすい
  • 取引通貨が6種類に厳選されているので迷わない
  • 貸出サービスを活用することで利益を出しやすい
  • 取引通知や価格通知がいつも使っているLINEで届くので、チェックするのに労力がかからない

と、「暗号資産を持ってみたい! だけどめんどくさい手続きはやりたくない!」という自分みたいな人間にピッタリのサービスでした。

今回はタイミングが良かったのもあって、利益を出せたのも嬉しい。今後も長期で保有しつつ貸出サービスをうまく使って、資産が増える様子を眺めていきたいと思います。

*暗号資産は需給の変動などにより価格が変動することがあり、損失が生ずるおそれもあります。
*撮影時にはスタッフはマスクを着用しています。

文/観音クリエイション
写真/長野竜成
編集/株式会社LIG


LINE BITMAXのLINE公式アカウント
LINEfriends

ご注意事項
・このページはLVC株式会社が運営する暗号資産販売所「LINE BITMAX」のWebサイトです。バナー広告等から訪問された場合、このページの前に閲覧していたWebサイトは、当社が作成したものではなく、掲載されている情報(感想・評価等を含む)は当社によって管理されていません。そのため、当該情報の内容は当社が保証するものではありません。
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、需給の変動などにより価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうことにより損失が生ずるおそれがあります。
・暗号資産は、移転記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・サイバー攻撃等により暗号資産が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・暗号資産は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われるリスクがあります。
・当社が倒産した場合には、預託された金銭および暗号資産をお客さまに返還することができなくなるリスクがあります。
・暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
・当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
・上記のリスクは、暗号資産のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で暗号資産に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書を十分にお読みください。

当社の情報
・会社名:LVC株式会社
・住所:〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
・LVC株式会社 暗号資産交換業者 関東財務局長第00017号
・所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
・お問い合わせ窓口はこちら