bitmax_blog1106


ビットコインキャッシュ(BCH)は毎年5月15日, 11月15日の年2回、ネットワークのアップグレードを目的としたハードフォークを実施しています。

今回2020年11月15日に予定されているハードフォークでは、ビットコインキャッシュのコミュニティにおいてCoinbaseルールを論点として大きな論争が起こっており、ハードフォークの際に2つのチェーンに分岐する可能性が高いと考えられています。

※当記事は2020年11月5日時点に執筆されたものです。

※本記事執筆時点ではハードフォーク実行前であり、その内容について正確性を保証するものではありません。






当社はこのハードフォークを迎えるにあたり、お客さまの資産を安全に保護する目的で以下の対応を実施する予定です。

・対象暗号資産の入出庫停止
・対象暗号資産の取引停止
・対象暗号資産の貸出停止及び、貸出中暗号資産の全量と貸借料の返還

上記サービスの具体的な再開時期は現時点で未定となっており、ハードフォーク後のチェーンの安定性などを考慮した上で再開とさせていただく予定です。
また、現時点で当社がハードフォーク後のどちらの暗号資産を取り扱うかに関しても未定となっております。

詳細な対応内容に関しては以下をご覧ください。

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに伴う各種サービスの制限について 

今回のハードフォークについて


背景

ブロックチェーン開発者の収益源

パブリックなブロックチェーンの開発者はどのように収益を得ているかご存知でしょうか?

基本的にブロックチェーンとは誰でも利用ができ、誰でもマイナーになれ、誰でも開発に参加することができるものです。マイナーはノードを運営することによる新規の資産発行及び手数料を元に持続的に収益を生み出すことが可能です。

一方で、ブロックチェーンの開発者はオープンソースのシステムを改修するのみで持続的な収益を得ることができていません。ほとんどの場合が、開発プロジェクトに対してベンチャーキャピタルなどが支援を行い、開発者に一時的に収益が回る、といった仕組みで動いています。ただしそれは持続的ではありません。



BCHのCoinbaseルール

これは重要な問題です。仮にブロックチェーンに何らかの不具合があった場合に、開発や改修のインセティブが存在しなければ誰もそれを行おうとしません。

そこで、新しくマイニングされた資産の8%を開発コミュニティに充当しよう、という提案がなされました。これをCoinbaseルールと呼びます。
ビットコインキャッシュの開発陣営はこのCoinbaseルールを採用し、11月15日のハードフォークでビットコインキャッシュのシステムに組み込もうとしています。

開発陣営とマイナー陣営の対立

このCoinbaseルールは一方で、マイニングを行っている人たちから見ると、収益の一部が開発陣営に取られることを意味します。もちろん、マイナーからすると、収益の減少が見込まれるアップグレードには反対します。
そしてそのアップグレードを支持するか、支持しないかはマイナーが選択することができます。マイニングを停止するか、もしくはCoinbaseルールが採用されていない方のチェーンを選択すれば良いのです。

この点において開発陣営とマイニング陣営での論争が起きており、チェーン分岐の要因となっているのです。
そして、以前に起こったBitcoinとBitcoin Cashの分裂も、今回同様に開発陣営とマイナー陣営の対立だったのです。

今回のハードフォークでは、Bitcoin ABC(BCHA)がCoinbaseルールを採用し、Bitcoin Cash Node(BCHN)がそれに反対している、といった対立構造となっています。


これから起きること

ハードフォークはいつ起きますか?

11/15(日) 21:00ごろを予定しています。
Bitcoin ABC(BCHA)とBitcoin Cash Node(BCHN)の2つに分裂することが予想されています。

分裂の理由はなんですか?

前段の背景でも説明した、Coinbaseルールを巡る開発陣営とマイナー陣営の対立です。

どちらのブロックチェーンがBCHを引き継ぎますか?

ハードフォーク後の価格が高い方の銘柄がより優勢であると判断され、BCHを継承するものと一般に考えられております。
※当社での取扱いの基準を説明するものではありません。

そのため、現時点でどちらのブロックチェーンがより支持されるのかを判断することはできません。ハードフォーク後に、片方の支持が非常に小さく不安定な状態が継続する場合であったり、どちらのブロックチェーンも同程度の支持がなされ、どちらがBCHと呼称されるかの判断に時間を要する場合もあります。

LINE BITMAXのLINE公式アカウント
友だち追加

ショートカット追加

ご注意事項
・このページはLINE Xenesis株式会社が運営する暗号資産販売所「LINE BITMAX」のWebサイトです。バナー広告等から訪問された場合、このページの前に閲覧していたWebサイトは、当社が作成したものではなく、掲載されている情報(感想・評価等を含む)は当社によって管理されていません。そのため、当該情報の内容は当社が保証するものではありません。
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、需給の変動などにより価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうことにより損失が生ずるおそれがあります。
・暗号資産は、移転記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・サイバー攻撃等により暗号資産が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・暗号資産は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われるリスクがあります。
・当社が倒産した場合には、預託された金銭および暗号資産をお客さまに返還することができなくなるリスクがあります。
・暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
・当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
・上記のリスクは、暗号資産のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で暗号資産に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書を十分にお読みください。

当社の情報
・会社名:LINE Xenesis株式会社
・住所:〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
・LINE Xenesis株式会社 暗号資産交換業者 関東財務局長第00017号
・所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
・お問い合わせ窓口はこちら