LINKとは

LINK(リンク)は、LINE Blockchainの基本となる暗号資産であり、サービス成長に貢献行為を行ったユーザーに還元する目的で誕生しました。
今後は、LINEを中心にさまざまなサービスで使用でき、広く普及することを目指しています。

取扱単位はLNになり、現在日本でLINKのお取引ができるのは、LINE BITMAXのみになります。(※2022年3月現在)

TOPICS
1) LINKの主な特徴
 - LINE独自の暗号資産
 - LINEトークンエコノミーのために生まれた暗号資産
2) LINKでのお支払いも可能に
 - 実施期間
 - 使えるお店
 - 使い方
 - LINK支払いを利用することで特典も

■LINKの主な特徴

LINK独自の暗号資産

LINKはLINEグループのLINE TECH PLUS PTE. LTD.が鋳造するLINE独自の暗号資産です。
2018年9月に発行が開始され、2018年10月にグローバルで展開しているLINEグループの暗号資産取引所BITBOX(現BITFRONT)で取り扱いを開始しました。
総発行量は10億LNで、そのうちの8億LNがユーザーへのインセンティブとして、残りの2億LNをリザーブとして、LINE TECH PLUSで管理しています。

LINKの発行は、2018年9月の発行開始から最初の3年間は1億LNとなっていますが、4年目以降の年間発行上限は、前年までの総発行済み数量に対して毎年5%ずつ増加していく予定です*

LINEトークンエコノミーのために生まれた暗号資産

LINEは、情報を友人と共有したり、コミュニケーションをやり取りできる世界を実現していきました。
そして、多くのユーザーの方がLINEのサービスに参加してくださり、サービスの成長に貢献していただきました。

本来であれば、貢献していただいたユーザーのみなさんにしかるべき報酬が還元されるべきですが、現実はそういったスキームがまだ構築できていません。
しかし、価値を伝達するブロックチェーン技術により、正当な報酬を還元できる仕組みが構築できるようになりました。

ユーザーのみなさんがLINEサービス内の貢献活動によってインセンティブとしてトークンを受け取ることができ、サービスの成長によりトークンエコノミーが拡大し、「LINK」の需要が増えれば「LINK」自体の価値も上がることが考えられます。

さらに貢献活動していただきサービスが成長する、双方がWin-Winになる仕組みがLINEトークンエコノミーになります。 インセンティブのために生まれたトークンが、LINEの暗号資産「LINK」になります。

*LINKは年間の発行上限が決められています。発行開始から最初の3年間は1億LNとなっていますが、4年目以降の年間発行上限は、前年までの総発行済み数量に対して毎年5%ずつ増加していく予定です。
ただし、LINKの発行数量は流通量とは関係なく、 発行上限数量が1億500万LNとなったとしても、500万LNが必ず発行されて流通するというわけではございません。 実際の発行数量は、LINE Blockchainのネットワークの規模や利用状況を元に、LTPの判断によって確定されます。

▼詳細はこちらをご確認ください。
LINE Blockchain

■LINKでのお支払いも可能に

LINKでのお支払いも可能に

2022年3月16日からLINE Payのお支払いに、LINEポイントに加えてLINKが利用できるようになりました。

実施期間

本企画(LINK支払い)は、期間限定のサービスです。以下の2つの条件のいずれかに該当した時点で終了します。終了する際は、終了する日時をLINE Payのページでお知らせし、お知らせした日時の経過をもって終了します。

① LINE Payが、本企画の全利用者によるLINKでの支払い額が20億円相当に達すると判断した場合
② 終了予定日の2022年12月26日を迎えた場合

但し、①②のいずれかに該当しても終了せずサービスを継続し、または今後同種の企画・サービスを実施する可能性があります。

使えるお店

LINE Payのオンライン加盟店でご利用いただけます。(一部LINK支払いがご利用できない加盟店があります)

※ オンライン加盟店であっても、LINEを含むZホールディングス企業のLINE Pay加盟店の他、一部LINK支払いがご利用できないLINE Pay加盟店があります。
※ 実店舗の加盟店では、ご利用いただけませんのでご注意ください。
※ 出前館は、LINE Payが選択できる店舗でご利用いただけます。

使い方

LINE Payでのお支払い時に、LINKをチェックいただくと、お支払いにLINKが利用できます。(操作は、お支払いにLINEポイントを利用する時と同じ要領です)

LINK支払いの使い方

※ LINE Payでのお支払いに、LINEポイントとLINKの2つを同時に利用することはできません。
※ LINE BITMAXでLINKを保有している必要があります。

LINK支払いを利用することで特典も

LINE PayではLINK支払いの利用金額に応じてLINKリワードを受け取ることができる特典もご用意しています!

▼詳細は下記よりご参照ください。

LINK支払いのご利用特典


LINE BITMAXのLINE公式アカウント
友だち追加

ショートカット追加

ご注意事項
・このページはLINE Xenesis株式会社が運営する暗号資産販売所「LINE BITMAX」のWebサイトです。バナー広告等から訪問された場合、このページの前に閲覧していたWebサイトは、当社が作成したものではなく、掲載されている情報(感想・評価等を含む)は当社によって管理されていません。そのため、当該情報の内容は当社が保証するものではありません。
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、需給の変動などにより価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうことにより損失が生ずるおそれがあります。
・暗号資産は、移転記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・サイバー攻撃等により暗号資産が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・暗号資産は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われるリスクがあります。
・当社が倒産した場合には、預託された金銭および暗号資産をお客さまに返還することができなくなるリスクがあります。
・暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
・当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
・上記のリスクは、暗号資産のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で暗号資産に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書を十分にお読みください。

当社の情報
・会社名:LINE Xenesis株式会社
・住所:〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
・LINE Xenesis株式会社 暗号資産交換業者 関東財務局長第00017号
・所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
・お問い合わせ窓口はこちら