暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

3月は、当社取り扱い通貨の中ではLNの価格上昇が顕著な月となりました。下図の通り年初来騰落率で言えば取り扱い通貨内では圧倒的で、4月頭に大きく下落したもののそれでも4/6時点で1,500%弱となっています。前回のブログでも触れましたが、依然として他通貨ペアとは異なる独自の値動きを形成しています。

新しいことを学ぶときに、「基本」をきちんと押さえることは、とても大切です。基本を知らないと「応用」が効かないですよね。暗号資産(仮想通貨)を学ぶときも同じです。暗号資産の基本は一言で言うと、ビットコインの仕組みそのもの。この記事を読めば、ビットコインの「マイニング(採掘)」を学ぶことで、暗号資産の基本を押さえることができるはずです。

みなさんが日々の買い物に使っている「現金」は、手で触ったり、折ったりできますよね。これは、現金というお金が「物質的」であるからです。ほかの資産では、金(ゴールド)や銀(シルバー)、芸術品・骨董品などをイメージするとわかりやすいでしょう。 このような「

クリプトカレンシーアナリストの田中です。 昨今、暗号資産は再度世界中で盛り上がりを見せています。 ビットコインやイーサリアム等の主要暗号資産では、昨年末より高値更新を続けており、2月末には一時、ビットコイン(BTC/JPY)は600万円、イーサリアム(ETH/JPY)は20万円を超える水準となりました。

今回の記事はBITMAXユーザーへのインタビュー。BITMAXの画面を眺めていたところ、ふと「自分以外の利用者ってどんな投資スタイルで、どんな使い方をしているんだろう?」と気になったので、ユーザーの方々とオンラインでお話しする機会をいただきました。

暗号資産の特徴を暗号資産に初めて触れる人にゼロベースで説明するのはなかなか難しい。じゃあ、擬人化してしまえばいいのでは?というのが今回の企画です。 各コインの特徴からイメージで性格を当てはめて、プロフィールを作り、イラストレーターやデザイナーの方にキャラのイラストを描いてもらう。そのイラストを見せれば「あーなるほど、こんな感じのコインね!」とわかってもらえるはず!というわけで、暗号資産を擬人化していきましょう!