暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

インターネット上での“ネタ”として生まれた暗号資産は、「ミームコイン(meme coin)」と呼ばれ、そうした有象無象は人々から懐疑的に見られながらも、看過することができない存在感を示してきました。ミームコイン(meme coin)はなぜ、人々の注目を集めるのでしょうか。本記事では、暗号資産の普及の過程を振り返りながらミームコイン(meme coin)について紹介します。

今回は、暗号資産の専門家にあれこれ質問してきました。5月から6月にかけての下落相場の理由や、下落相場のときにどのように構えるべきなのか、クリプトカレンシーアナリストの田中佑弥さんが答えてくれました。

執行役員の米山です。以前のコラムでは、少額から暗号資産投資をはじめるメリットについてご紹介させていただきました。もう一つよく質問をいただくのはポートフォリオに占める暗号資産の割合をどの程度にすべきなのか、という点です。今回は個人の資産運用における私の考えをお伝えさせていただきます。

『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ作品『中間管理録トネガワ』で大ヒットして得たお金を元手に、暗号資産運用を始めた橋本さんに ・暗号資産を始めたきっかけ ・現在の運用状況と情報収集の方法 ・推しコイン などについてお話を伺いました。

暗号資産(仮想通貨)は、近年、その市場規模が急速に拡大していることに加えて、価格変動も激しいため、投資や投機の対象として注目を集めています。しかし、暗号資産には投資目的で購入する以外にも、海外送金や買い物など様々な利用方法があります。今回は、暗号資産を投資以外で利用する方法を具体的に紹介します。

最終更新日 2021.10.19 世界には数千以上もの暗号資産(仮想通貨)があると言われており、暗号資産と一口に言っても、それぞれに特徴があり、作られた目的や設計思想も異なります。 暗号資産の領域では、難解な専門用語が出てくることも多く、とっつきにくい領域ではありますが、購入を検討する際には、最低限の知識は身に付けておきたいものです。 今回は、数ある暗号資産のなかでも、特に知名度や時価総額が高い「ビットコイン(BTC)」と「イーサリアム(ETH)」について、初心者にも分かりやすく解説します。