暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

暗号資産を使ったマネー・ロンダリングの手法はますます巧妙化しており、個人が巻き込まれることもある他、場合によっては自分が加害者として加担させられることも。そこで本記事では、LINE BITMAX の金融犯罪防止担当部署の方に、暗号資産を使ったマネー・ロンダリングの実態やマネー・ロンダリングに巻き込まれないための方法についてお聞きしました。

クリプトカレンシーアナリストの田中です。 今回は題名からして謎ですがお付き合いください。 本記事執筆時点(2021年8月23日)でビットコイン価格は上昇基調を継続しており、BTCUSDベースで3ヶ月ぶりとなる50,000ドルを超えています。 米決済大手ペイパル(PayPal)が

こんにちは、観音クリエイションです。昨年末に暗号資産の運用を始めてから早いもので8ヶ月。今回は、僕の周りの人や読者のみなさんに暗号資産への理解を深めてもらうために、クイズ大会を開催することにしました。

インターネット上での“ネタ”として生まれた暗号資産は、「ミームコイン(meme coin)」と呼ばれ、そうした有象無象は人々から懐疑的に見られながらも、看過することができない存在感を示してきました。ミームコイン(meme coin)はなぜ、人々の注目を集めるのでしょうか。本記事では、暗号資産の普及の過程を振り返りながらミームコイン(meme coin)について紹介します。

今回は、暗号資産の専門家にあれこれ質問してきました。5月から6月にかけての下落相場の理由や、下落相場のときにどのように構えるべきなのか、クリプトカレンシーアナリストの田中佑弥さんが答えてくれました。

執行役員の米山です。以前のコラムでは、少額から暗号資産投資をはじめるメリットについてご紹介させていただきました。もう一つよく質問をいただくのはポートフォリオに占める暗号資産の割合をどの程度にすべきなのか、という点です。今回は個人の資産運用における私の考えをお伝えさせていただきます。