okane

今わたしたちが普通に使っているお金は、そもそもどうやって誕生したのでしょう?

お金の歴史を見ていきながら、お金の進化と今の仕組み、そして、暗号資産が誕生したきっかけを一緒に考えてみましょう。


お金が誕生する前

昔、まだ世の中にお金が誕生する前、人々は物々交換をして生活していたと言われています。しかし、この時代に欲しい物を手に入れるのはとても大変だったでしょう。

たとえば、自分が魚を持っていてりんごが欲しい場合は、りんごを持っていて魚が欲しい人を見つけなければいけません。 せっかくりんごを持っている人を見つけても、肉が欲しいと言われれば交換は成り立ちませんよね。

インターネットでたくさんの人とつながれる現在では物々交換もそんなに難しくないかもしれませんが、この頃はそう簡単にはいきません。もし条件に合った交換相手が見つからなければ魚は腐り、何の価値もなくなってしまうのです。

このように、物々交換は必要なときに必要なものを手に入れることが難しかったのです。自分の持っているものでは全ての物と交換ができないということが物々交換の大きなデメリットでした。


お金の誕生 "物"のお金

そんな物々交換の不便さを解消するため、みんなが価値あるものとして認めた貝殻や石、布などの"物"を仲介の役割として使うようになりました。


01


この、みんなが価値あるものとして認めた"物"が今のお金と同じ役割をしていました。 お金は次の3つの役割をするので、物々交換よりはるかに便利だということが分かります。

お金の役割
1.交換の手段:物々交換の仲介の役割
2.価値の尺度:物の価値を正確にはかる
3.価値の貯蔵:保存しておいても減らない、腐らない



金(きん)のお金 

お金が広く使われるようになっていくと、どこへ行ってもみんなが価値があると認めるものが求められるようになってきました。 そして、貝殻や石、布などから、金(きん)をお金として使うようになりました。

金(きん)は限りがあり希少性が高く、劣化もしにくいです。 輝きを持っていて見た目も綺麗ですよね。 みんなに価値を認められ、金(きん)がお金になりました。


紙のお金

しかし、金(きん)のお金にも欠点がありました。

それは、持ち運びに不便なことです。 買い物をするのに、たくさんの重たい金を運ばなければいけません。 そこで、持ち運びに便利な紙のお金が誕生しました。

けれども、ただの紙では「みんなの認める価値」がありませんよね。

この紙は、国の中央銀行がみんなの金(きん)を預かり、預かった分の金と同じ額の引換券になっていました。 なので金(きん)と同じ価値があり、お金として使うことができたのです。

この仕組みを「金本位制度(きんほんいせいど)」といいます。 金本位制度はイギリスで始まって世界に広まり、日本も1897年にこの制度を採用しました。

02-2

現在わたしたちも使っている紙のお金は、この時に急速に広まったのですね。

しかし、見た目は同じになりましたが、現在のお金はここから更に進化しています。

「お金はどうやって生まれたの?②」では、ついに「今のお金」が登場します。 


ご注意事項
・このページはLVC株式会社が運営する暗号資産販売所「BITMAX」のWebサイトです。バナー広告等から訪問された場合、このページの前に閲覧していたWebサイトは、当社が作成したものではなく、掲載されている情報(感想・評価等を含む)は当社によって管理されていません。そのため、当該情報の内容は当社が保証するものではありません。
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、需給の変動などにより価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうことにより損失が生ずるおそれがあります。
・暗号資産は、移転記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・サイバー攻撃等により暗号資産が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・暗号資産は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われるリスクがあります。
・当社が倒産した場合には、預託された金銭および暗号資産をお客さまに返還することができなくなるリスクがあります。
・暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
・当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
・上記のリスクは、暗号資産のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で暗号資産に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書を十分にお読みください。

当社の情報
・会社名:LVC株式会社
・住所:〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
・LVC株式会社 暗号資産交換業者 関東財務局長第00017号
・所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
・お問い合わせ窓口はこちら