main

BITMAXを始めたいのに、本人確認の審査が通らない・・・という方へ!

本人確認の審査が通らない主な理由についてまとめました。ぜひこちらを参考に、再申し込みしてみてくださいね。

※この記事で紹介した内容が、審査が通らない全ての理由ではありません。その他の理由で審査が通らない場合もあります。


1. 身分証の情報が確認できない

01

審査スタッフは目視でひとつひとつ身分証をチェックしています。その時に必要な情報が読めないと、本人確認ができないため「審査NG」となってしまいます。

身分証を撮影する時は、以下の点に気をつけて撮影しましょう。


ピントをあわせる

シャッターを押す前に、画面内の被写体をタップしてピントをあわせます。


画面いっぱいに書類が収まるように撮影する

画像を撮影する際は、カメラのフレームぎりぎりに収まるように撮影してください。

ただし、書類の端が見切れているなど全体が写っていない場合も「審査NG」となります。きちんとフレームに収まるように撮影しましょう。


光が写りこまないように撮影する

部屋の電気の光などが映り込み、身分証の一部が確認できない場合も「審査NG」となってしまいます。

光が写り込まないようにするには、以下の方法がおすすめです。

・書類を壁に立てかけての撮影
・カーテンを開けて、外からの自然な光を使い撮影
・少し離れてカメラを構えて、ズームで撮影

※撮影時、フラッシュはオフにしてくださいね。



2. お客様情報の入力内容と身分証の情報の相違


02


BITMAXの本人確認は、LINE Payの本人確認のシステムを使用しています。 「LINE Pay本人確認」で入力した内容と、身分証の情報に違いがあると審査が通りません。

入力した住所、氏名、生年月日など、それぞれ間違いがないか確認しましょう。

また、引越しや結婚で住所や氏名が変更になった場合、身分証の情報が古いままになっていることがあります。 身分証の情報が現在の情報とあっているかも確認しましょう。


3. 身分証の側面/厚みが確認できない(スマホでかんたん本人確認の場合)

スマホでかんたん本人確認を選択した場合は、身分証の側面/厚みを映すステップがあります。身分証の側面/厚みが確認できなくて審査が通らない方も多いようです。

身分証の側面/厚みを映す際は、以下のような動かし方がオススメです!

03


以上、審査が通らない理由のまとめでした。

もし審査が通らなかった場合は、LINE pay本人確認から届くLINEメッセージの「詳細を表示」をクリックで内容を確認することができます。

はじめてお申し込みをする方は、こちらも参考にしてみてくださいね。

>>本人確認の手順について



<ご注意事項>
仮想通貨は、法定通貨と異なり、国等による価値の裏づけ等がありません。また、需給の変動により価格が大きく変動するリスク、仮想通貨の仕組みの破綻により消失するリスク、秘密鍵の喪失によりお客様の保有する仮想通貨の利用・処分等ができなくなるリスク、当社の倒産によりお客様が当社に預託する金銭及び仮想通貨が返還されなくなるリスクその他のリスクにより、損失が生じる可能性があります。
当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
上記のリスクは、仮想通貨のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で仮想通貨に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書面等を十分にお読みください。
本表示に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

LVC株式会社 仮想通貨交換業者 関東財務局長第00017号
加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会