blockchain-3508629_1920


「ビットコインのコンセンサスアルゴリズムは、PoW(プルーフオブワーク)です。」


・・・聞き慣れない単語ばかりで初めて見る人にとっては、さっぱり意味がわからないですよね。

しかし、ここで出てくる「コンセンサスアルゴリズム」というものが、仮想通貨を理解する上でとても重要なのです。

今回は、この「コンセンサスアルゴリズム」について簡単に解説していきたいと思います。

合意(コンセンサス)の方法(アルゴリズム)

「コンセンサスアルゴリズム」は、合意という意味の「コンセンサス」と、方法や方式という意味の「アルゴリズム」を組み合わせた言葉です。

つまり直訳すると「合意の方法」となります。

ビットコインなどで使われているブロックチェーンには、取引情報を管理する特定の中央管理者はいません。複数のネットワーク参加者たちで、取引の承認作業(マイニング)をしています。

ではネットワーク参加者たちは、どのように合意を取って取引を承認しているのでしょうか?

そうです。

実はここには、ブロックチェーンごとに決められた「コンセンサスアルゴリズム」という合意形成のルールが存在しているのです。

コンセンサスアルゴリズムの種類

コンセンサスアルゴリズムにはさまざまな種類が存在し、それぞれ固有の特徴を持っています。今回は代表的なものを抜粋して紹介していきます。

PoW(プルーフオブワーク)

PoWとはプルーフオブワーク(Proof of Work)の略称で、直訳すると「仕事の証明」という意味になります。ある難しい計算(仕事)を行い、最も早く答えを導き出すことができた者が承認者となります。ビットコインの他にも、ビットコインキャッシュやライトコインなどでも採用されているコンセンサスアルゴリズムです。

PoS(プルーフオブステーク)

PoSとはプルーフオブステーク(Proof of Stake)の略称で、仮想通貨の保有量が多ければ多いほど承認者となる確率が高まります。PoWでは計算量(仕事量)が重要だったのに対し、PoSでは仮想通貨の保有量が重要な指標となります。2019年10月現在、PoWを採用しているイーサリアムがPoSへの移行に向けて取り組んでいると公表しています。

PoI(プルーフオブインポータンス)

PoIとはプルーフオブインポータンス(Proof of Importance)の略称で、参加者の重要度によって承認者がきまります。重要度とは、仮想通貨の「保有量」と「取引」、つまり、仮想通貨の流動性を高めてくれたかどうかが重要な指標となります。

これら以外にもPoCやDPoSなど様々な種類のコンセンサスアルゴリズムが開発されており、それぞれ一長一短あるため、一概にどれが良いかは言い切ることは難しいでしょう。

コンセンサスアルゴリズムについて調べてみると、その仮想通貨の可能性や課題など新しい発見があるかもしれないですね。

<ご注意事項>
仮想通貨は、法定通貨と異なり、国等による価値の裏づけ等がありません。また、需給の変動により価格が大きく変動するリスク、仮想通貨の仕組みの破綻により消失するリスク、秘密鍵の喪失によりお客様の保有する仮想通貨の利用・処分等ができなくなるリスク、当社の倒産によりお客様が当社に預託する金銭及び仮想通貨が返還されなくなるリスクその他のリスクにより、損失が生じる可能性があります。
当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
上記のリスクは、仮想通貨のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で仮想通貨に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書面等を十分にお読みください。
本表示に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

LVC株式会社 仮想通貨交換業者 関東財務局長第00017号
加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会