0219bitmax_blog_3A_v2

仮想通貨「XRP」は、国際送金の課題を解決できると期待されている通貨です。

「リップル」と呼ばれることが多いですが、仮想通貨としての正式名称はXRP(エックスアールピー)です。

グローバル化によって、ヒトやモノといったあらゆる資源が国境を超えて、世界中を行き来するようになりました。もちろん、おカネも例外ではありません。

しかし、お金の移動は、簡単にできるものではありません。円やドル、ユーロや元など、国によって法定通貨は異なるため、対応する銀行をいくつも経由しなければいけなかったり、そのために海外に新しく銀行口座を作る必要があったりと、時間も手数料もかかってしまいます。

XRPは、そんな国際送金を今より速く安く実現でき、世界中の通貨の橋渡しができることから、「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。

■XRPの主な特徴

1. リップル社が先導
リップル社は、アメリカを拠点としており、XRPを用いた様々なプロジェクトを先導しています。XRPは2012年のネットワーク開始時に全1000億枚が発行され、今後の発行予定はありませんが、その発行済み数量の過半数をリップル社が保有しています。

2. 送付速度が速くコストも安い
リップル社が発表したデータによると、XRPは約3.3秒で送付を行い、コスト(ネットワーク手数料)も約0.0004ドルで処理を完了させたとのことです。
これは「仮想通貨の送付」という観点では、他の通貨の中でもかなり優れたスペックであると言えるでしょう。

3. 世界中の様々な銀行と提携
リップル社の国際送金に関するプロジェクトは、世界中様々な国の中央銀行、欧米の大手銀行、そして日本もメガバンクを筆頭に、地銀やネット銀行が多数参加しており、国際送金の課題解決に非常に期待されています。


XRPは、時価総額と取引高が上位の仮想通貨で、日本にも支持者のコミュニティが多く存在しています。仮想通貨XRPだけでなく、リップル社が推進する今後のプロジェクトの動きにも注目です。

参考: https://ripple.com/xrp/xrp-stacks-digital-assets/

※9月19日更新


<ご注意事項>
仮想通貨は、法定通貨と異なり、国等による価値の裏づけ等がありません。また、需給の変動により価格が大きく変動するリスク、仮想通貨の仕組みの破綻により消失するリスク、秘密鍵の喪失によりお客様の保有する仮想通貨の利用・処分等ができなくなるリスク、当社の倒産によりお客様が当社に預託する金銭及び仮想通貨が返還されなくなるリスクその他のリスクにより、損失が生じる可能性があります。
当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
上記のリスクは、仮想通貨のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で仮想通貨に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書面等を十分にお読みください。
本表示に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

LVC株式会社 仮想通貨交換業者 関東財務局長第00017号
加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会