0219bitmax_blog_5A_v2

ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」とよく例えられることがあります。

ライトコインは、ビットコインの仕組みを基に、2011年10月、元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって考案されました。

ビットコインよりも実用性の高い暗号資産を目指しており、日常的な少額の決済に適した暗号資産と言われています。

■ライトコインの主な特徴

1. 発行上限はビットコインのおよそ4倍の8400万枚
ビットコインの発行上限は2100万枚と決められていますが、ライトコインはその4倍の8400万枚に設定されています。発行枚数が多い分、「金」のような希少性による価値ではなく、「銀」のようにあらゆる場面で利用される身近な暗号資産とも言えるでしょう。

2. 取引の承認スピードを高速化
ライトコインのブロック生成時間は、ビットコインの1/4の早さになるように作られています。ビットコインが一つのブロックを承認するのにおよそ10分かかるのに対して、ライトコインはおよそ2分半で承認することが可能です。
さらに、取引データを小さく圧縮する「セグウィット(Segwit)」という技術を先んじて導入し、当時ビットコインで問題になっていた取引の遅延の問題をいち早く改善しました。(現在はビットコインでもSegwitが導入されています。)

3. 特定の管理者がいない非中央集権的な暗号資産
ライトコインは、ビットコインの仕組みを基に開発されました。そのため、基本的な仕様はビットコインととてもよく似ています。特定の管理者がおらず、国や政府の意向に左右されない非中央集権的な暗号資産であるという点も、ビットコイン同様、魅力の一つと言われています。

ライトコインは、開発者であるチャーリー・リー氏が代表を務める「ライトコイン財団」が、その実用化に向けて様々な企業と提携を進めています。

ビットコインと仕組みは似ているものの、ライトコインだからこそ実現できる活躍の場に、今後も期待できそうです。

ご注意事項
・このページはLVC株式会社が運営する暗号資産販売所「BITMAX」のWebサイトです。バナー広告等から訪問された場合、このページの前に閲覧していたWebサイトは、当社が作成したものではなく、掲載されている情報(感想・評価等を含む)は当社によって管理されていません。そのため、当該情報の内容は当社が保証するものではありません。
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、需給の変動などにより価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうことにより損失が生ずるおそれがあります。
・暗号資産は、移転記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・サイバー攻撃等により暗号資産が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
・暗号資産は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われるリスクがあります。
・当社が倒産した場合には、預託された金銭および暗号資産をお客さまに返還することができなくなるリスクがあります。
・暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
・当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
・上記のリスクは、暗号資産のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で暗号資産に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書を十分にお読みください。

当社の情報
・会社名:LVC株式会社
・住所:〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
・LVC株式会社 暗号資産交換業者 関東財務局長第00017号
・所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
・お問い合わせ窓口はこちら