0219bitmax_blog_1A_v2

ビットコインは、2008年に「サトシ・ナカモト」と名乗る謎の人物が公開した一つの論文から始まりました。

当初は開発者の間でのみやりとりされ、当然ですが価値も認められていませんでした。

あれから10年以上経過した現在、物質としての存在を持たない「バーチャルな資産」「新しいお金の形」として期待され、徐々に世界中へとその名前が広まっていきました。

インターネットを通じて資産として運用することができ、決済に使われたり、遠くにいる相手に短時間で送ることもできます。

ドルや円などの法定通貨と違って、国や中央銀行によって発行・管理されているものではありません。
ブロックチェーン技術を使って発行され、世界中の人たちがコンピューターのネットワークを通じて分担して管理し、その仕組みによって価値の信頼が生まれています。

特定の国や組織に属さず、世界中で共有できる国際通貨として期待され、日本においても法整備が進んでいます。

  

■ビットコインの主な特徴


1. 個人間で「直接」送金ができる
銀行などの仲介業者を必要とせず、個人間で送金することができます。個人間で直接会って財布からお金を渡す、という作業がオンライン上で、互いに離れていてもできるようなイメージです。

2. 送金速度とコストの改善
もともとビットコインは、銀行などを経由する必要がないので、円やドルのような法定通貨と比べて、送金にかかる速度が早く、手数料も安いという利点がありました。しかし、ビットコインの利用者が増えるにつれて、送金速度の遅延と手数料の高騰が問題になってしまいました。今後のアップデートによるさらなる改善が期待されています。

3. 世界中で共通の価値として利用できる
ビットコイン決済が導入されているお店であれば、世界中どこでも商品やサービスをビットコインで購入することができます。もちろん海外であっても、円やドルなどの通貨の両替は不要です。

4. 発行総量が決まっている
ビットコインの発行総量は2,100万BTCと決まっています。需要と供給のバランスで価格が変動するため、資産運用の選択肢の一つとして取引をする人もいます。

国が発行・管理する法定通貨の場合、一部の人たちで金融政策などが決められたり、不正の取り締まりが難しいなどの懸念があります。

ビットコインの場合、世界中の人たちで台帳を記録・管理することで、実質的に改ざんが困難となり、非中央集権的な通貨としての価値が認められているんですね。

<ご注意事項>
仮想通貨は、法定通貨と異なり、国等による価値の裏づけ等がありません。また、需給の変動により価格が大きく変動するリスク、仮想通貨の仕組みの破綻により消失するリスク、秘密鍵の喪失によりお客様の保有する仮想通貨の利用・処分等ができなくなるリスク、当社の倒産によりお客様が当社に預託する金銭及び仮想通貨が返還されなくなるリスクその他のリスクにより、損失が生じる可能性があります。
当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
上記のリスクは、仮想通貨のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で仮想通貨に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書面等を十分にお読みください。
本表示に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

LVC株式会社 仮想通貨交換業者 関東財務局長第00017号
加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会