イーサリアム2

イーサリアムは、2013年に、当時19歳のヴィタリック・ブテリンによって考案されました。

この若き天才によって開発された仮想通貨は、その後多くの人に受け入れられ、今では時価総額がビットコインに次ぐ第2位(2019年9月時点)となるまで拡大しました。

実は「イーサリアム」とはプラットフォームの名称で、仮想通貨としての正式名称は「イーサ」といいます。(「プラットフォーム」という言葉があまり馴染みがないかもしれませんが、一つの「サービス」ととらえてください。)

現在では「イーサリアム」という名前が仮想通貨の名称として定着していますが、私たちが取引所で手に入れることのできる仮想通貨は正確には「イーサ」なのです。

この「イーサリアム」というプラットフォームを通して、私たちは、ブロックチェーン技術を取り入れた新しいアプリケーション(※)を開発することができたり、イーサとは異なる全く新しい仮想通貨を開発することができてしまうのです。
※ このようなアプリケーションを「分散型アプリケーション(Decentralized Applications, 略称DApps)」といいます。

■イーサリアムの主な特徴

1. スマートコントラクト機能の実装
イーサリアムについて説明する時に、絶対に避けて通ることができない機能が、「スマートコントラクト」です。
スマートコントラクトは、直訳すると「賢い契約」。
通常のブロックチェーンには「いつ、誰が、どこに送るか」という取引情報が記録されるのですが、イーサリアムのブロックチェーンには、それに加えて「契約内容」も記録することができます。
これによって「ある条件を満たしたときに自動的に契約(処理)を実行する」というプログラムをブロックチェーンに書き込むことができるようになります。このスマートコントラクトによって、「イーサリアムのプラットフォーム上でアプリケーションを作る」ことが可能になるのです。

2. 発行上限が設定されていない
多くの仮想通貨には、その通貨の発行上限が決められています。例えばビットコインの場合、発行上限は2100万BTCと設定されており、当然ですが上限に達するとそれ以上新しく発行されることはありません。
それに対し、イーサリアムは発行上限が設定されていません。
これについては様々な意見が飛び交っていますが、開発者のヴィタリック・ブテリン氏はTwitterで「イーサリアムの発行上限の設定については今後検討する価値がある」とツイートしています。

3. スピーディな取引
ビットコインのブロック(取引データ)の承認間隔が、「およそ10分に1回」であるのに対して、イーサリアムは「およそ15秒に1回」です。
これによって、スピーディな処理が可能となります。
ただし、イーサリアムの取引の数が増えると、承認に時間がかかってしまい、取引に遅延が生じてしまうことが課題となっています。(スケーラビリティ問題)

仮想通貨イーサの値動きだけでなく、イーサリアムを基盤にしてどんなアプリケーション(DApps)が作られているか、どんな新しい通貨が開発されているかなども調べてみるとおもしろいかもしれませんね。

<ご注意事項>
仮想通貨は、法定通貨と異なり、国等による価値の裏づけ等がありません。また、需給の変動により価格が大きく変動するリスク、仮想通貨の仕組みの破綻により消失するリスク、秘密鍵の喪失によりお客様の保有する仮想通貨の利用・処分等ができなくなるリスク、当社の倒産によりお客様が当社に預託する金銭及び仮想通貨が返還されなくなるリスクその他のリスクにより、損失が生じる可能性があります。
当社でのお取引に係る売買手数料は無料ですが、当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお取引に際してご負担いただくコストとなります。
上記のリスクは、仮想通貨のお取引に伴うリスクを全て網羅したものではございませんので、当社で仮想通貨に関連するお取引を行うに際しては、当社がお取引の前に交付する説明書面等を十分にお読みください。
本表示に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

LVC株式会社 仮想通貨交換業者 関東財務局長第00017号
加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会